自宅フォトスタジオ(おうちスタジオ)開業

自宅フォトスタジオ(おうちスタジオ)開業におけるメリットとデメリット

どうもKOBOこと小堀です。 今日は自宅にフォトスタジオ(おうちスタジオ)を作るメリットデメリット、そして注意点について … 続きを読む 自宅フォトスタジオ(おうちスタジオ)開業におけるメリットとデメリット


この記事は約5分で読み終わります。

どうもKOBOこと小堀です。

今日は自宅にフォトスタジオ(おうちスタジオ)を作るメリットデメリット、そして注意点について書いてみたいと思います。

自宅フォトスタジオ(おうちスタジオ)開業

ここ最近、おうちスタジオなどの名称で、自宅の一室に撮影スペースを設けて開業される方がママカメラマンさんを中心に増えていますね。

そしてそれと同時に、自宅スタジオをすでに開業されている方からも、やっぱり別の場所にスタジオを作りたい…などなど、いろんな意見や相談を頂きます。

自宅(おうち)スタジオのメリットは?

まず、自宅にスタジオを作るメリットですね。
それはやはり、初期投資が抑えられることでしょう。

通常ですと、賃貸で物件を探すか、物件を購入するかどちらかになりますが、賃貸だとしても契約金など多額の費用がかかりますから。

それともう一つ。

通勤時間がない為、他の部屋でこどもを遊ばせておける。
おばあちゃんやパパさんにご自分のお子さんを見てもらうなど、工夫をして撮影したりすることもできるので、必然的にママカメラマンさんが多く自宅スタジオを開業するのも理由はわかります。

デメリットはあるの?

自宅スタジオの開業にはもちろんデメリットもあります。

・住所を公に公開するのをためらってしまう。
・普段住んでいるスペースだったり、その一角だったとしても匂い(生活臭)がしないか気になる。
・スペースが狭い分、衣装や小物をあまり置けない。
・思い切った内装が作れない。

住所は公開せず営業できないことはありませんが、信用度を考えれば、やはり公開されていた方が良いのかなと思います。

小さいリビングなど、1室での撮影になる為にスペースが狭くなってしまい、撮影パターンが多く作れない、それによって売上がなかなか上がらないという点もデメリットなのではないでしょうか。

フォトスタジオを開業するとなると、物件の契約金から衣装、ストロボなどの機材、内装工事代、そして意外な出費もあります。
例えばエアコンだったりと、工事をスタートしたその時にならないと気がつかないような出費がかさむケースもあり、トータルで1000万以上かかってしまうことも少なくありません。

自分の経験でも、前に作った店舗で思ったよりも既存のエアコンが効かず、電気の引き直しと動力エアコン3台を入れる事になってしまってトータル180万円かかってしまい驚いたことがあります…涙
70平米程のワンフロアを冷やせるエアコンになってくると、大きな業務用しかないんですよね。

同行のスタジオ経営者の方にお話を聞く機会もありましたが、店舗の規模によって数千万かかったケースも稀ではないようです。

それを考えると、少ない資金でスタートできる自宅スタジオは魅力に映るのかもしれませんね。

小さくスタートし、小さな売上を作っていくのか。
大きくスタートし、大きな売上を作っていくのか。

結局は目指すゴールがどこか、という事になってきます。

100万を元手に年間売上500万を目指すのか。
1000万を元手に年間売上5000万を目指すのか。
それとも1億を元手に年間売上5億を目指すのか。

大げさに言うと、こんな感じなのかなと思います。

やはり、実店舗型のビジネスはある程度、投資額のレバレッジになってくるので、どの程度の資金でどれくらいの売上を目指すのか。それをよく考える必要があります。

では上の例で言うと、年間売上5000万を目指したいとします。
でも200万しか元手がない、、、

この場合、5000万を目指すにはかなりのアイデアがあるか、他の店舗にはない魅力が存分にある必要があります。
そしてそれが顧客単価に反映できること。

そうでなければやはり難しい。

例えば、1000万を初期投資とし、撮影パターンを色々なシーンで撮れるスタジオにし、衣装も年齢別で選べる程度に揃える、など
今のナチュラル系のスタジオを見ていると、これくらいは最低限必要かなと思いますが、それだけでもこの位の費用はかかってくるのかなと思います。

客単価が約5万円で1日3組撮影、これを月に30日=1ヵ月の売上が450万
450万×12ヵ月=5400万

と、かなりざっくりとした計算ですが可能になってくるわけです。
(ですが実際、繁忙期はもっと売れることもあれば、閑散期は減ることもあり多少の前後はあります)

簡単に説明するとこんな感じでしょうか。

衣装を全てのサイズを揃えず、工事はDIYでやるなど徹底すれば費用を抑える事ができますが、抑えて良いところ、抑えてはいけないところが理解できないと少し危険かもしれません。

まとめ

自宅スタジオをはじめる場合は、スタートする前にまず1年後を想像してみると良いかと思います。

規模によって売上も変わってきますので、自分がどのレベルでやっていきたいか。
まずゴール(年間売上)を決めて、毎月いくら売らないといけないか逆算する。

それができるスペースなのか。
そして今自分がどれだけ集客力があるのか、など色々な要因が他にもあるのですが、こちらはまた別の記事で書きたいと思います。

ではでは!

フォトスタジオ(写真館)のコンサルティングプランについてはこちら
https://kidsphoto.info/design/