振袖の写真だけ・持ち込み撮影ならお任せください / 埼玉・東京・茨城・栃木・群馬・神奈川

振袖の前撮り・写真だけ・持ち込み撮影ならお任せください / 埼玉・東京・茨城・栃木・群馬・神奈川

どうもカメラマンのKOBOこと小堀です。 僕は出張撮影キッズフォトという七五三の撮影サイトを運営しているのですが、元々は … 続きを読む 振袖の前撮り・写真だけ・持ち込み撮影ならお任せください / 埼玉・東京・茨城・栃木・群馬・神奈川


この記事は約4分で読み終わります。

振袖の写真だけ・持ち込み撮影ならお任せください / 埼玉・東京

どうもカメラマンのKOBOこと小堀です。

僕は出張撮影キッズフォトという七五三の撮影サイトを運営しているのですが、元々は明治神宮の結婚式撮影のお仕事をしていた経緯から、大人の振袖・成人式の撮影もお受けしています。(こちらのページのお写真は全てKOBOが撮影したものです。)

振袖の写真だけ・持ち込み撮影大歓迎!

当社では現在、振袖のレンタルは行っていないのですが、呉服屋さんからの紹介でお客様の撮影をさせて頂いたり、お客様から直接のご依頼を頂いたりして出張撮影をしています。

ママ振袖で小物が揃っていない時は

振袖 小物レンタル
振袖 小物のレンタル

小物だけのレンタルをしているところもあるようです。
埼玉県の成人式/ママ振袖特集

もしご希望があれば、着物屋さんをご紹介することも可能ですのでご相談くださいね。

振袖・成人式の出張撮影(ロケーションフォト)の当日の流れ

お着付け、ヘアメイクは美容室などのサロンで行いまして撮影場所に移動して頂きます。

撮影現地集合でカメラマンと待ち合わせ、1時間ほどのお時間を頂いて、いろいろなパターンで撮影していきます。

お一人のカットはもちろん、お父様、お母様、ご親族様もいらっしゃれば追加費用も一切かからず一緒に写真を写せます。

振袖の出張撮影、ロケーションフォト料金プラン

※振袖撮影プランはお写真データ60カットのお渡しです。
(明るさ・色などを修正したものになります。)
※撮影のお時間は60分前後、お時間を頂きます。
※出張費用は撮影場所によって異なりますので出張費用の一覧ページからご確認下さい。出張費の一覧はこちら

 平日土日・祝
3月〜9月39,800円 + 出張費44,800円 + 出張費
10月44,800円 + 出張費49,800円 + 出張費
11月、12月54,800円 + 出張費59,800円 + 出張費

▶︎振袖の写真撮影でかかる費用の総額は?

お支度にかかる費用(1)+お写真撮影にかかる費用(2)(3)=合計金額
ということになります。

美容室でお着付けヘアセット+ロケーションフォト撮影の一例

(1)美容室でかかる費用 18,000円
(2)出張撮影(ロケーションフォト)の料金 39,800円
(3)出張費用 3000円
=合計 60,800円

こちらが費用の総額の一例となります。
(撮影する時期や場所によって、費用が異なります)

振袖のお写真撮影は前撮り・後撮りどっちが良いの?時期について

結論から言いますと、どちらでも大丈夫です。

カメラマンである僕の好みから言いますと、新緑の方が美しいな〜と思いますが、秋が好きな方は秋でも勿論良いと思いますよ^^

ですが、真冬と真夏は避けた方が良いかもしれません…
真冬は首元がかなり寒いのと、真夏の振袖は顔に汗をかいてしまうのもあってオススメしません><

振袖の着付けはどこのサロンが良いの?

振袖のお着付け・ヘアメイクは美容室で受けているところが多いです。
ですので、ご自宅の近隣の店舗で探してみても良いと思いますよ^^

呉服屋さんですと、そのお店で振袖の購入、またはレンタルをしない場合は成人式当日は特にですが、お着付け・ヘアセットを受けてくれないお店も多いようです。

実際に撮影したお写真をご紹介!埼玉編

こちらのお写真は、埼玉県の川口市にある日本庭園で、実際のお客様をKOBOが撮影したお写真です。
(お客様には掲載許可を頂いております)

振袖 写真だけ

埼玉で振袖、写真だけ撮影

埼玉・東京で振袖の写真撮影

振袖の前撮り・後撮り

振袖・埼玉・安い

成人式の振袖持ち込み

埼玉で振袖の持ち込み撮影大歓迎

大宮周辺で振袖撮影

振袖の前撮りを庭園で

美しい日本庭園で振袖の前撮り

振袖の写真を庭園で撮影します

振袖と和傘

和室で振袖・成人式のお写真撮影

ママ振袖で写真だけ

モダンでおしゃれな振袖着物

振袖の前撮り、立ち姿ポーズ

笑顔で撮っても良いの?表情やバリエーションについて

沢山の撮影カットを撮っていく中で、凛とした表情、にっこり笑顔と様々なバリエーションで撮影していきます。
ですので、お写真撮影での失敗は少ないのかなと思います。

昔ですと、歯を見せた笑顔を嫌がる風習がありましたが(特におばあちゃま世代)、今はだいぶ変わってきています。

どちらかと言うと、自然な表情や仕草が好まれる傾向があって、背景には「お母様が自分の振袖写真が気に入らなかった」という方も多いようです。

せっかく撮るんですから、10年後も20年後もまた見たいと思えるお写真を残したいですよね。